トップページ >  > 40代になるとシミができやすくなる理由は?

40代になるとシミができやすくなる理由は?

肌バリア機能の低下によって紫外線ダメージを受けやすくなるから
40代の肌は水分量が低下し、肌のバリア機能が衰えている状態です。つまり、紫外線のダメージを受けやすい肌環境といえます。しっかりと日焼止めを塗っているのにシミができてしまうのは、日焼止めとバリア機能で防いでいた紫外線ダメージを防ぎきれなくなってきたことが原因です。
ですから、40代のシミ対策は美白ケアに加えて肌のバリア機能を高めるケアが必要となります。保湿ケアでなく肌のバリア機能を高めるケアが必要なのは、保湿するだけではバリア機能を高めることができないからです。
40代の肌はそれほど肌の水分量が減少しているということになります。

40代に合う美白化粧品の選び方

美白化粧品選びにはちょっとした工夫が必要

肌のバリア機能を高めるのに即効性が期待できるのが「セラミド」です。セラミド不足はバリア機能低下に直結しますので、常に満たされた状態にしておく必要があります。
角質層全体に素早くセラミドを浸透させるために、ナノ化されて配合されているものを選ぶのがポイントです。セラミドによってバリア機能が回復すれば、美白成分が本来の力を発揮できるようになります。
美白成分については、メラニンの生成を抑えるものとメラニン色素を美白してくれる成分がバランス良く配合されたものを選びましょう。ハイドロキノンのような強力な美白成分でなくても、セラミドでバリア機能が回復くすれば、十分に美白を実感できるはずです。 40代に最もおすすめの美白化粧品はこちら!

部門別美白化粧品コスメ大賞をチェック

部門別コスメ大賞発表(悩み)

老人性色素斑
紫外線の影響によってできたシミを徹底ケアできる美白化粧品はこちら。
炎症性色素沈着
炎症の後にできた色素沈着をケアできる美白化粧品はこちら。
そばかす
なかなか消えないそばかすを目立たなくしてくれる美白化粧品はこちら。
肝斑(かんぱん)
濃くて目立つ肝斑を薄くしつつ再発しないようにケアできる美白化粧品はこちら。
40代になってシミが増えてきたという方におすすめの美白化粧品をご紹介しています。40代になって急にシミが目立ってくるのは、肌のバリア機能の低下が原因。その原因を無視した美白ケアを行っても満足のいく結果は得られません。そこで、バリア機能を高めて美白の効く肌に導いてくれる化粧品をご紹介します。