トップページ >  > 美白成分ハイドロキノンに副作用はあるの?

美白成分ハイドロキノンに副作用はあるの?

ハイドロキノンは高濃度配合に注意
ハイドロキノンは刺激の強い美白成分なので、副作用が気になる方も多いはず。実際のところ、ハイドロキノンで副作用が出るかどうかは個人差がかなりあるようです。
ただし、ハイドロキノンの配合濃度が高くなればなるほど、副作用が出る可能性も高くなってくるので、副作用を避けたいのであれば配合濃度の高いものは避けるのが無難です。
ハイドロキノンの副作用の症状としては、炎症を起こして肌が赤みを帯びたりヒリヒリしたり、極端に乾燥して粉をふいたりすることが多いです。酷い場合には白斑を起こしてしまうこともあるので、ハイドロキノン高濃度配合の化粧品は十分に注意する必要があります。

高濃度じゃなくてもハイドロキノンの副作用に注意しないといけない例

ハイドロキノンは酸化しやすい成分

ハイドロキノンは酸化に弱い美白成分なので、空気に触れてしまうと酸化して変質しやすくなってしまいます。とてもデリケートな成分なので、取り扱いに注意しなければいけません。
開封したら短期間で使い切るか、ある程度期間が経ったら残っていても捨てるなど、酸化には気を配る必要があります。酸化したハイドロキノンは美白作用がないばかりか、肌荒れを引き起こす原因にもなりかねません。
副作用や酸化など取り扱いが面倒なハイドロキノンはちょっとイヤだなという方には、しっかりと美白作用がありながらも低刺激で安心して使えるこちらの美白化粧品をおすすめします。 ハイドロキノンは無理という方におすすめの美白化粧品!

部門別美白化粧品コスメ大賞をチェック

部門別コスメ大賞発表(悩み)

老人性色素斑
紫外線の影響によってできたシミを徹底ケアできる美白化粧品はこちら。
炎症性色素沈着
炎症の後にできた色素沈着をケアできる美白化粧品はこちら。
そばかす
なかなか消えないそばかすを目立たなくしてくれる美白化粧品はこちら。
肝斑(かんぱん)
濃くて目立つ肝斑を薄くしつつ再発しないようにケアできる美白化粧品はこちら。
美白化粧品の副作用が問題となる中、刺激の強い美白成分の代表的存在「ハイドロキノン」の副作用が気になる方が増えています。そこで、ハイドロキノンの副作用はどのような場合に起こりやすくて、どのような症状があるのか詳しく解説しています。