トップページ > 肝斑(かんぱん) > 肝斑(かんぱん)をケアするのに最適な美白化粧品とは?

肝斑(かんぱん)をケアするのに最適な美白化粧品とは?


肝斑はホルモンバランスの崩れが影響してできることが多いといわれていますが、もちろん紫外線の影響も深く関係しています。ホルモンバランスの崩れによってできた肝斑が紫外線の影響で悪化するというのは良くあるパターンです。また、一度改善した肝斑が再発するときなども紫外線の影響が強いといわれています。つまり、紫外線の影響をどれだけ軽減できるかが重要となります。
肝斑には2段階のケアがおすすめ
肝斑が濃くて目立つ場合は、一時的に美白作用が強めの化粧品でメラニン色素を漂白し、目立たなくなったところで、低刺激な美白化粧品に切り替えて、紫外線のダメージケアを行う2段階のケアが最適です。ハイドロキノンなど漂白系の成分は刺激が強いので、短期間の使用かつ部分的な使用に留めるべきです。一旦落ち着いてきたら、低刺激な美白化粧品に切り替えてメラニンの生成を抑えるケアと紫外線のダメージを癒すケアを行うことで、再発や悪化を防ぐことができます。

部門別コスメ大賞発表(悩み)

老人性色素斑
紫外線の影響によってできたシミを徹底ケアできる美白化粧品はこちら。
炎症性色素沈着
炎症の後にできた色素沈着をケアできる美白化粧品はこちら。
そばかす
なかなか消えないそばかすを目立たなくしてくれる美白化粧品はこちら。
肝斑(かんぱん)
濃くて目立つ肝斑を薄くしつつ再発しないようにケアできる美白化粧品はこちら。
肝斑はホルモンバランスの崩れが影響してできることが多いといわれていますが、もちろん紫外線の影響も深く関係しています。ホルモンバランスの崩れによってできた肝斑が