トップページ >  > 真皮まで届く美白化粧品はありますか?

真皮まで届く美白化粧品はありますか?

メラノサイトまで浸透しない美白化粧品はダメ
シミの原因となるメラニンを生成するメラノサイトは、表皮の一番下にある基底層に存在します。つまり真皮のすぐ上にあるということになります。ですから、角質層までしか浸透しない美白化粧品ではメラノサイトまで届かないということになります。
ということは、メラノサイトの働きを抑えることはできないので、メラニンの生成を抑えることもできません。結果的にほとんど美白作用は期待できないということになります。
シミを本気でケアするなら、絶対に真皮まで届くものでなければ、ほとんど意味がないということになるわけです。では、真皮まで浸透する化粧品をご紹介しましょう。

真皮まで届く美白化粧品とは?

メラノサイトまで届くかメーカーに問い合わせてみました

メラニンの生成を抑える美白成分が真皮メラノサイトまで届くかどうかは、美白成分の浸透力が高いかどうかでき待ってきます。ナノ化などの浸透力を高める技術を採用しているものであれば、メラノサイトまで届くと考えて良いでしょう。
ただし、美白成分をナノ化しているかなどの情報が商品パッケージや公式サイトには記載されていないことも多いと思います。そのようなときは、メーカーに確認するのが確実です。
いちいちメーカーに確認するのが面倒という方もいらっしゃると思いますので、私の方でメーカーに問い合わせて、メラノサイトまで届くということを確認できたものをご紹介します。 メラノサイトまで届く美白化粧品はこちら!

部門別美白化粧品コスメ大賞をチェック

部門別コスメ大賞発表(悩み)

老人性色素斑
紫外線の影響によってできたシミを徹底ケアできる美白化粧品はこちら。
炎症性色素沈着
炎症の後にできた色素沈着をケアできる美白化粧品はこちら。
そばかす
なかなか消えないそばかすを目立たなくしてくれる美白化粧品はこちら。
肝斑(かんぱん)
濃くて目立つ肝斑を薄くしつつ再発しないようにケアできる美白化粧品はこちら。
シミのもととなるメラニンが生成されるメラノサイトまで美白成分が届かなければ、美白効果はないんじゃないの?という疑問をお持ちの方にメラノサイトまで美白成分を届けてくれる美白化粧品をご紹介しています。真皮まで浸透する高浸透力の美白化粧品をお探しの方は要チェックです!